So-net無料ブログ作成
検索選択

アメリカの大統領

予想外にトランプ氏が当選して就任式をテレビ中継で見た。
見落としかもしれないけれど、殆ど白人ばかりでうめつくされていた。

アメリカは西欧諸国からの移民によってつくられたかもしれないが、もともとはアメリカインディアンの居住地だったところを開拓、あるいは侵略して国として確立させたという。
イギリスフランススペインオランダなどの移民が住み着いた、そしてアフリカから黒人を奴隷として強制的に連れてきて、労働力にした。

その時点で西欧人は黒人を人間として扱わず、牛馬のごとく仕事をさせたわけだった。
南北戦争で奴隷が解放され黒人の人権が確率されたわけだが、リンカーンやキング師が殺されたように根強く人種差別が残っているとしか思えない。
トランプの発言にもそのような節々がみられる。、保護主義とかを声高く掲げられると、かのゲルマン民族が一致団結した雰囲気を連想させる。

熱狂的に支持する人々は今は21世紀だということををかんがえないのだろうか。
18世紀や19世紀のように文明がいきわたらなかった未開発時代と違って、核をもつ国が増え
人類があらゆる意味で共存していかなければ生き延びられないという自覚がないのではないかと心配だ。
もっとも進んでいるとおもわれているアメリカが率先していくべき国だと思う。
自国の利益国益だけをかざすトランプ政権、いざ戦争となると、黒人や有色人種が最前線にたって国をまもっているというのに、自分たちの祖先がやった侵略を棚に上げて、移民拒否てき発言。

自由平等を掲げるなら、もっと弱い立場の人たちを圧迫するような発言や行動をやめてもらいたいと思う、オバマ氏とトランプ氏、、どちらがアメリカという国に自信を持たせて強い国にできるのか、これからがトランプ氏の評価が決まる。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。