So-net無料ブログ作成
検索選択

高齢者の自動車免許変換 [雑感]

高齢者自動車事故が増えている。

年々身体の機能は退化していくことは否めないから、自分の認識以上に運動神経も退化していることは否定できないと思う。
認めたくないのは他の機能と同じことだが、物忘れ、運動能力、健康診断での数値の悪化、、
などなど、否応なしにつきつけられる。

だから、やはり車の運転は一定の年齢にたっしたらかんがえなくてはならないとは思う、未だ大丈夫なはずと思っていて事故が起きている。

だけど、今大都会の交通網の発達した場所ならともかく、地方は中都市でも交通手段がむずかしい。 車社会になり利用者が少なくなったバスは大幅に運転数を減らしてしまった。
その上地方では子供達は大都会へ就職してしまうため、老人化が進む。
夫婦二人、さらに独居老人が増え、日常の買い物にも不自由している。

免許を返上すればタクシー代が割引になるとか、いろいろやっているみたいだが、実際にはなかなか利用しにくい、免許返上した人たちの声はまさに意欲を失った老人という感じだ。
交通の便をよくするとか、返上したことでよりメリットのある企画を考えたり、車社会に育った人たちになんらかの救済措置を考えることはできないだろうか。。。

ただただ老人の事故が多いと騒ぐのではなく、これは現在運転している世代が必ず行きつく場所なのだから。
まして今の高齢世代よりさらに適応者は多くなるわけだから。
全自動カーが一般化して求めやすくなったとき、そのデメリットにも対応できるように、メーカーも管理系統も真剣に考えてほしい。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。